心理の泉

TOP

管理人

プライバシーポリシー

自慢する人の心理


自慢する人は自分を認めて欲しいと思っています。逆に言うと自慢することでしか自分の優位を表現できないと言うことです。つまり、第三者から評価を受けておらず、単なる負けず嫌いですね。

もし、あなたがその自慢に対して何とも思わない(評価の対象にもならない些細なこと)のであれば、適当に褒めて受け流すだけでその人の気持ちは満足しますし、あなたもそれ以上相手をする必要が無いので一石二鳥になります。


しかし、何度も同じ自慢をされてうんざりしていることもあるでしょう。そんな場合は、一概には言えないような答えづらい質問をすれば良いです。その後は自慢話も減ってくると思います。

困ったことにこのような自慢話をする人は結構多いと思います。まぁ、折角なので多勢であるこんな分かり易い人々をあなたの味方にすることを考えたら如何でしょうか?

味方にすると言っても実質子分のようなものです。表面的にはあなたが子分でもかまいませんが、実質相手を思い通りに動かせれば何ら問題はありません。

その方法は、相手の自慢に際して褒めちぎった上で、自慢話に関連する仕事をお願いするのです。相手は褒められたと言うあなたからのプレゼントを貰っているので、あなたのお願いにはお返しをする心理が芽生えることが多いはずですからね。これを心理学では返報性の原理と言います。


上記の方法は上司でも部下でも先輩でも後輩でも使えます。もちろん、通用しない相手もいますし、通用する人でも何度も多用しては相手に気取られますので、必要な場合だけに留めるようにして下さい。どんなに自慢する人でもあなたの意図を見破る能力が劣っているわけではありません。決して相手をみくびらないことです。


<<<前へ   次へ>>>

TOP

管理人

プライバシーポリシー

Copyright © 2009-2013 http://mtdoc.net/ All Rights Reserved.